トップページ > あっと驚く腸能力 
栄養を吸収する腸
私達の口からは食べ物と一緒に善玉菌・悪玉菌・など様々な菌が入ってきます。

  これらを絨毛と絨毛の間にあるパイエル版が補足します。奥にに白血球などの
  免疫細胞があり、悪い菌が入ってくるとそれを食べてくれます。処理できなくなると
  脳に感染の指令を送り追い出そうとして下痢を起こしたりします。
  良い菌が入ってくると免疫系が刺激され元気になり、がん細胞などをやっつけてくれます。
  人間や動物には、口から入ったものには、アレルギーを起こさないシステムが出来上がって
  います(経口免疫寛容)が、それを支配しているシステムが小腸です。
  白血球などの免疫細胞の70%は小腸に集結しています。
  発酵食品・食物繊維など善玉菌の多い食べ物に大きく関与しています。
  善玉菌の無い、腐敗しやすい食べ物を摂取している人はアトピーや食物アレルギーに
  なりやすくなります。

  古い便がたまっていると熱が出やすくなり治りが遅いので下剤か浣腸でだしましょう
  腸も汚れたままでは免疫力が弱って病気が治りにくくなります。


腸内環境の研究も、今は遺伝子レベルで進んでいます!
  日本人に合った食べ物を食べたほうが良い 
  日本人が古来から食べてきたもので腸内に住み着いている乳酸菌は
  欧米人が食べる肉類や乳製品など食物繊維で作られる乳酸菌は簡単に壊れやすい。

 
人間の要は腸にあり

腸が丈夫であれば、ばい菌やウイルスなどの対する抵抗力や免疫力が高まります。
植物も動物も人間もホルモンを創ります。
食物が虫に食べられるとバリアを張るホルモンを出して身を守ります。
人間も脳と腸でできるホルモンはほぼ同じなので、第2の脳と呼ばれます。
腸と皮膚は同じ組織と言っても良いほど、肌のつやと腸のホルモンが関係しています。
脳血管の弾力性と腸の弾力性は一緒です。
腸も畑の土も沢山の微生物が棲んでいて、温度によって繁殖力が違います。

腸の細菌は昔は100兆個位と言われていましたが、遺伝子工学の発達で今は
その10倍、100倍いると言われています。
免疫細胞も全体の80%が腸にいて、小腸に10%くらいと言われています。

腸脳力を発揮する腸内細菌達

腸内細菌は私達の身体をいつも防御し、悪玉の細菌類は悪さをするのを防いでいます。

人間の持っていない特殊酵素で分解し食べ物の中の成分を人間が必要とする栄養素に
変えて手渡してくれています。有害物質も解毒しています。

抗生物質は人が感染してしまった細菌類を制圧する為に開発された薬剤であり
細菌にとって毒である。これを飲むと腸内細菌が第一に抗生物質によってやられてしまう
しかし1匹でも大腸菌が生存していれば20分で1つの細胞が2つの細胞になる。
生命力の方が圧倒的に強いのです


腸内細菌は、善玉菌、悪玉菌・和見菌がありますが、 
 悪玉菌・・・・・o157,大腸菌、ウエルシュ菌、
 善玉菌・・・・・ラクトバチルス属、ラクトコッカス属、エンテロコッカス属、などの乳酸菌
        ビフィズス菌・・・ビフィドバクテリウム属

人のおなかの中の善玉菌はほとんどがビフィズス菌ですが、赤ちゃんの子宮の中にいる時は
無菌状態ですが、産道を通る時にお母さんの菌をもらって出てきます
お母さんの産道に乳酸菌のエサとなるグリコーゲンが増え、おかあさんがストレスのない状態
だグリコーゲンがたくさんできるそうです。又、母乳をもらうとビフィズス菌はとても増えます。
体の中にあるビフィズス菌は、お母さんが食べてきた食事の内容によって変わってきます。
人種によっても違います。

腸を正常に機能する為には

悪玉菌も若干必要です。全く居なくなったらビタミンkが作れなくなり、血液が固まらなくなる
脳出血を起こす事があります。

腸内環境を応援する細菌達のエサ

    腸内細菌達は人間以上に栄養源が必要です!
胃腸の中で生きている腸内細菌群は腸内の内容物を栄養源としています。
糖タンパク(ムチン)を栄養源として、増殖しています。


腸を綺麗にすると、血液も綺麗になって免疫力が高まりセロトニン・その他ホルモンが増えます

 セロトニンは、腸内細菌で沢山作られますが、エサになるものが大豆のオリゴ糖です。
 エネルギ―に変換されない食物繊維になる部分が腸内細菌のエサとなります。

脳が休んでいる時にセロトニンが作られます。
 このセロトニンの一部が生体のリズムや神経の内分泌・睡眠・体温・の調整をしてくれます。
 セロトニンは午前中、朝日を浴びて散歩すると分泌が良くなりますが、95%は腸が作って
 いると言われています。脳で作っているのは3%です。

成長ホルモンは寝ている間に作られます。(夜10時~2時)
 女性は、皮膚の再生・若返りホルモン・など
 脳内セロトニンは、女性は男性より4倍低いのです
 肌のシミを作るのが活性酸素で、ツヤを与えるのが成長ホルモンです。
 これに関与しているのがビフィズス菌です。

ビフィズス菌が腸内に沢山ある人は、活性酸素を分解し、成長ホルモンをしっかり出します
 ビフィズス菌の好む腸内温度を保ち、冷やさないことが大事です。
 ストレスや、ビフィズス菌の増殖を抑えて悪玉菌が増える食べ物にも気を配りましょう。
 腸内環境にとって好ましくない動物食品は控えめに。肉類は、インドール・スカトール・
 硫化水素・アンモニアなど有毒ガスの発生源となります。それを減らす大豆製品などを
 良く摂取すると善玉菌が増えます。

ビフィズス菌は摂取する事も大事ですが、菌を増やすことも大事です。
ビフィズス菌や乳酸菌を直接口から入れる事。入れる物をプロバイオティクスと言います。
(ヨーグルト・チーズ・糠漬けなど)
腸の菌を増やす栄養(善玉菌のエサ)を食事から取り入れてあげることをプレバイオテイックスと言います。
世界中の研究を沢山集めて解析した結果をメタアナリシスと言いますが、これによると
植物性食品からの食物繊維を1日24g以上取った人は、心臓病が殆どなく
1日に12g以下の人はリスクが上がると云う結果がっ出ています。

(腸内細菌達が喜ぶエサを増やす栄養を与えると腸内環境が良くなります。)

プロバイオティクスと、プレバイオテっクス両方をそろえることによって、医学の臨床現場では
治りが早いと言われています。この両方を揃えることをシンバイオテックスと言います。

大豆の食物繊維のラフィノースがオリゴ糖として最高ですが、玄米だと白米の6倍の食物繊維
がとれます。食物繊維の中には、水溶性と不溶性がありますが、胆汁酸が腸内で再吸収される
時に、水溶性の食物繊維があると、それを捕まえて排泄してくれます。お通じが良くなります。

和食が最も善玉菌を増やし、腸を綺麗にする食事です。
「小食の日本食は世界一の健康長寿食」


玄米・漬物・味噌汁・醤油・納豆・豆腐などシンバイオテックスそのものなのです。



医学の臨床現場では治りが早いと言われています。